犬種別おすすめドッグフード

シーズーのドッグフード(餌)選び・与え方を解説【獣医師監修】

更新日:

シーズーの健康を考えたドッグフード選びに悩んでいませんか。

「どんなフードを食べさせたらいいの?」
「フードを食べなくなったらどうするの?」

など、疑問を感じてしまうこともありますよね。

シーズーがなりやすい目のトラブルや皮膚炎、肥満が気になる飼い主さんは、愛犬の健康維持をサポートしてくれるフードを選びましょう。

シーズーにおすすめのドッグフードを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

シーズーにはどんなドッグフードを選んだらよいの?

シーズーは「目のトラブル」「皮膚炎」「尿路結石」に悩まされることがあります。

皮膚炎対策には、「皮膚のコンディションをあげる」ことをメインに考えたフード選びをしましょう。

「単一タンパク質を使用した良質の原材料」「オメガ脂肪酸含有」「添加物含有量が少ないもの」を選ぶことが、皮膚のコンディションをあげることにつながります。

皮膚炎や肥満対策には「良質なタンパク質源」「オメガ脂肪酸配合」「グカロリー、脂質の含有量控えめ」がおすすめです。

シーズーは、

・良質なタンパク質源
・カロリー、脂質の含有量控えめ
・皮膚や被毛の健康維持のためオメガ脂肪酸配合

の3つをポイントにしたフードを選びましょう。

3つのポイントを満たしたフードはこちら!

良質なタンパク質源を選ぶ!

カロリー控えめの良質なタンパク質源は、シーズーにとって大切な栄養素です。フードによっては消化しにくい穀物が多く含まれているものもあります。

消化が悪いと免疫力を低下させアレルギーを引き起こすこともあり、皮膚炎も心配されます。

また、シーズーは肥満にも注意しなければならないためカロリーを控えることも大切です。

皮膚ケアのためオメガ脂肪酸配合

皮膚炎になりやすいシーズーには、皮膚や被毛の健康をサポートしてくれるオメガ脂肪酸を取り入れてみましょう。免疫力の低下によって皮膚炎が悪化することもあります。オメガ脂肪酸は、免疫力の維持もサポートしてくれる大切な栄養素です。

カロリー、脂質の含有量控えめ

シーズーは肥満傾向が強くなると血管の長さが適正体重の犬より長くなり、その分心臓に負担がかかります。適正な体重管理を維持するために、カロリー、脂質の含有量控えめのドッグフードをおススメします。

シーズーのドッグフード選びの3つのポイント

・良質なタンパク質源
・カロリー、脂質の含有量控えめ
・皮膚や被毛の健康維持のためオメガ脂肪酸配合

3つのポイントを満たしたフードはこちら!

ズバット解決!シーズーの知りたいこと

わんわんイズムが独自に、シーズーを飼っている飼い主の方へのアンケートからドッグフードに関する悩みを解説していきます!

シーズーが食べない時はどうしたらいいの?

原材料にこだわったドッグフードを選んでみましょう。新鮮なお肉が原材料のフードは良質なタンパク質源が含まれ、おいしさや香りも違います。人間が食べられるヒューマングレードの食材を使用したプレミアムフードもおすすめです。

シーズーが太っていて体重を減らすにはどうしたらいい?

ダイエットするためにはフードの量を減らすことが必要です。しかし、極端に減らしてしまうと体重は減りますが必要な栄養素が不足してしまい健康を損ねます。

また、体重を減らすためには運動が必要です。しかし、心臓が悪い場合や関節に痛みがある場合には、運動が持病を悪化させてしまいます。元気そうに見える高齢犬も、急に運動を始めると大きな負担になります。

ダイエットの方法はライフステージや病気の有無で方法が異なります。若くて病気のない場合には運動を取り入れ、カロリー制限をしていくことで地道に体重が減っていきます。

高齢で病気があれば、カロリー制限と体調に合わせた軽い運動でゆっくり体重を落としていくほうがよいでしょう。くれぐれも無理をしないで、長い時間をかけてゆっくり体重を落としていくことが大切です。

【子犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

子犬期は一度にたくさん食べてしまうと、小さな胃に負担をかけてしまいます。成犬期の予想体重に合わせた1日の給与量を3~5回に分けて与えるようにしましょう。

月齢に合わせてフードの量を増やしていきますが、成犬期が近づく10カ月くらいになったらフードの量を減らして太らないように注意しましょう。

1日の給与量の目安

月齢 成犬期2.5㎏ 成犬期5.0㎏ 成犬期7.5㎏ 成犬期10.0㎏
2カ月 50g 80g 100g 120g
3カ月 60g 95g 130g 155g
4カ月 60g 100g 135g 170g
5~6カ月 60g 100g 140g 175g
7~9カ月 60g 100g 135g 170g
9~12カ月 55g 95g 130g 165g

※100gあたり375kcalのドッグフードの場合

【成犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

1歳を過ぎたら成犬期になります。一度にたくさん食べられるようになるため、1日の食事回数は2~3回にしましょう。

食欲があるからといって、1日分を一度で食べさせてはいけません。

犬はフードをすぐに飲み込むため、栄養補給を考え数回に分けて与える必要があります。

1日の給与量の目安

成犬体重 小型犬~中型犬の給与量
4.0kg 80g
5.0kg 75g
6.0kg 100g
7.0kg 110g
8.0㎏ 125g
9.0㎏ 145g

※100gあたり382kcalのドッグフードの場合

【老犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

7歳を過ぎたら老犬期になり、運動量が減ったり基礎代謝が下がったりします。

成犬期と同じように食べていると太りやすくなるため、低カロリーで良質なタンパク質を含む高齢用ドッグフードへの切り替えがおすすめです。

一度で食べられる量が減るため、1日3~4回に分けて与えます。

成犬期のフードよりも20%ほど減らしますが、食欲や活動量に合わせて調整するとよいでしょう。

1日の給与量の目安

成犬体重 小型犬~中型犬の給与量
4.0kg 80g
5.0kg 95g
6.0kg 110g
7.0kg 120g
8.0㎏ 135g
9.0㎏ 145g

※100gあたり321kcalのドッグフードの場合

アレルギーのある場合には

ダニなどの可能性もありますが、食べたものが原因になっていることもあります。アレルギーの原因を調べる検査もあるため病院で診てもらいましょう。

また、アレルギーを引き起こしやすい穀物や添加物が含まれないドッグフードを選んでみましょう。

また、オメガ脂肪酸を含むフードであれば、免疫力のアップや皮膚の健康にも期待ができます。

涙やけの場合には?

目にゴミが入った時はもちろん、ドッグフードに含まれる穀物や添加物が影響して鼻涙管を詰まらせ、涙やけを引き起こすこともあります。また、フードに含まれるタンパク質が合わないこともあります。

シーズーにおすすめするドッグフード10種類を徹底比較

わんわんイズム編集部では、口コミ・評判の良いシーズーのドッグフード10種類を徹底比較してみました。

比較した項目は、「タンパク質源」、「カロリー、脂質の含有量控えめ」、「オメガ脂肪酸配合」の3つ。

ドッグフード タンパク質源 カロリー、脂質の含有量控えめ

(100gあたりのカロリー/粗脂肪(%以上)※DM値)
オメガ脂肪酸配合
ロイヤルカナン

サイズ ヘルス ニュートリションミニ アダルト 
肉類(鶏、七面鳥) 396Kcal/15.6
ボッシュ

ミニアダルト チキン&キビ
フレッシュチキン 382Kcal/15.6
ペディグリー

ビーフ&緑黄色野菜
× 穀物メイン

※肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフ等)
345Kcal/10.0 ×
アイムス

成犬用 健康維持用 チキン小粒
肉類(チキンミール、家禽ミール) 377Kcal/13.9
愛犬元気 ×穀物メイン

※ 肉類(チキンミール、チキンエキス、ささみパウダー、ビーフパウダー等)
360Kcal/11.1 ×
モグワン チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7% 344Kcal/12.0
ネスソンズ 乾燥チキン28%、チキン生肉20% 362Kcal/16.3
アカナ
アダルト スモールブリード
新鮮鶏肉12%、鶏肉ミール12%、七面鳥肉ミール12% 351Kcal/19.3
カークランド ラム・ラムミール 365Kcal/15.6
ファインペッツ極 アヒル肉 422Kcal/21.7

今回比較したフードの中にはアレルギーリスクのある穀類や人工添加物が含まれているものもありました。そのようなフードは避けるべきです。

ヒューマングレードの原材料使用のもので良質な動物性タンパク質を豊富に含むフードがオススメです。

その上で、カロリーと脂質が控えめで、皮膚・被毛ケアに効果が期待できるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランスよく配合されているものを選びましょう。

編集部がおすすめするドッグフード

シーズーは「涙やけ」や「流涙症」、そして「皮膚炎」といった悩みが多いと言われます。

涙やけの原因の一つはタンパク質であると考えられるため良質な動物性タンパク質が含まれていることや、皮膚や被毛の健康維持に効果が期待できる「オメガ脂肪酸」が配合されていること、この2点を重視しつつ、なるべくカロリーと脂肪が低めのフードを選んでみました。

モグワン



モグワンにはモグワンは、チキン生肉と生サーモンを中心に良質な動物性タンパク質を50%以上も使用。しかも、たんぱく質も脂肪分も他のプレミアムドッグフードと比べ控えめですから安心ですね。

原材料のサーモンや海藻にはオメガ脂肪酸が豊富に含まれ、皮膚ケアにも期待がもてます。グレインフリーで人工添加物不使用なのでアレルギーにも配慮され、8〜10mm程度の小粒で噛み砕きやすいドーナツ型形状のためシーズーにおすすめのフードです。

ネルソンズ



ネルソンズは高品質なチキンを主原材料として使用していて、動物性タンパク質源を豊富に含んでいます。

やや粗たんぱく質の含有量は多いのですが、人工添加物や穀物は不使用、アレルギーや消化面でのリスクも低いですし、オメガ脂肪酸も配合されていますので、シーズーにおすすめのフードです。

アカナ



アカナ アダルトスモールブリードは、ヒューマングレード認定を受けたお肉が原材料構成上60%を占めているので良質な動物性タンパク質を摂取することができます。

たんぱく質、脂質ともやや多めですが、使われている原材料のクオリティが高くオメガ脂肪酸はじめシーズーにとって有効な成分が含まれていることからおすすめのフードです。

ドッグフード利用のきっかけや継続の理由は?

全国8,008人の飼い主さんへのドッグフード利用アンケート調査結果よりシーズーの飼い主さんがドッグフード利用のきっかけや継続の理由をまとめてみました。

1位 犬の対象年齢が合っている 27.5%

2位 一粒当たりのサイズが合っている(愛犬の食べやすさ) 26.6%

3位 価格の適正さ 24.3%

3位 獣医師のススメ・紹介があったから 24.3%

5位 添加物、保存料などの安全性 20.2%

シーズーの飼い主さんがドッグフードを選ぶとき、「年齢」と「サイズ」がまず基準となっていて、そして「価格」か「獣医師のススメ」かで、選択が分かれるようですね。

まとめ

シーズーにどんなものを食べさせたらよいのかについてまとめました。目のトラブル、皮膚炎、尿路結石、肥満が気になる飼い主さんには、「タンパク質源」、「カロリー、脂質の含有量控えめ」、「オメガ脂肪酸配合」のドッグフードがおすすめです。

ドッグフード選びに迷ったときは、「タンパク質源」、「カロリー、脂質の含有量控えめ」、「オメガ脂肪酸配合」のこちらがおすすめ!

シーズーを飼っている多くの飼い主さんが、愛犬と一緒に楽しく過ごせますように!

-犬種別おすすめドッグフード