犬種別おすすめドッグフード

マルチーズのドッグフード(餌)選び・与え方を解説【獣医師監修】

更新日:

マルチーズの健康を考えたドッグフード選びに悩んでいませんか。

「どんなフードを食べさせたらいいの?」
「フードを食べなくなったらどうするの?」

など、疑問を感じてしまうこともありますよね。

マルチーズがお悩みで多い「涙やけ」「皮膚炎」「歯周病」が気になる飼い主さんは、愛犬の健康維持をサポートしてくれるフードを選びましょう。

マルチーズにおすすめのドッグフードを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

マルチーズにはどんなドッグフードを選んだらよいの?

マルチーズは「涙やけ」「皮膚炎」「歯周病」に悩まされることがあります。

「涙やけ」「皮膚炎」「歯周病」対策には、「良質の原材料を使ったフード」をメインに考えたフード選びをしましょう。

「良質なタンパク質源」「オメガ脂肪酸含有」「グレインフリー(穀物不使用)」を選ぶことが、皮膚のコンディションをあげることにつながります。

涙やけや皮膚炎には「良質なタンパク質源」「オメガ脂肪酸含有」「グレインフリー(穀物不使用)」がおすすめです。

マルチーズは、

・良質なタンパク質源
・オメガ脂肪酸配合
・グレインフリー(穀物不使用)

の3つをポイントにしたフードを選びましょう。

3つのポイントを満たしたフードはこちら!

良質なタンパク質源を選ぶ!

カロリー控えめの良質なタンパク質源は、マルチーズにとって大切な栄養素です。フードによっては消化しにくい穀物が多く含まれているものもあります。

消化が悪いと免疫力を低下させアレルギーを引き起こすこともあり、皮膚炎も心配されます。

また、マルチーズは肥満にも注意しなければならないためカロリーを控えることも大切です。

皮膚ケアのためオメガ脂肪酸配合

皮膚炎になりやすいマルチーズには、皮膚や被毛の健康をサポートしてくれるオメガ脂肪酸を取り入れてみましょう。免疫力の低下によって皮膚炎が悪化することもあります。オメガ脂肪酸は、免疫力の維持もサポートしてくれる大切な栄養素です。

グレインフリー(穀物不使用)

マルチーズはもともと肉食であり、穀物などは消化しにくい場合があります。また、穀物はアレルギーになる可能性があるので、グレインフリーのフードがおすすめです。

マルチーズのドッグフード選びの3つのポイント

・良質なタンパク質源
・オメガ脂肪酸配合
・グレインフリー(穀物不使用)

3つのポイントを満たしたフードはこちら!

ズバット解決!マルチーズの知りたいこと

わんわんイズムが独自に、マルチーズを飼っている飼い主の方へのアンケートからドッグフードに関する悩みを解説していきます!

マルチーズが食べない時はどうしたらいいの?

原材料にこだわったドッグフードを選んでみましょう。新鮮なお肉が原材料のフードは良質なタンパク質源が含まれ、おいしさや香りも違います。人間が食べられるヒューマングレードの食材を使用したプレミアムフードもおすすめです。皮膚炎などが気になって食欲がなくなるワンちゃんもいます。皮膚ケアをサポートするオメガ脂肪酸配合のフードも検討してみましょう。

マルチーズが太っていて体重を減らすにはどうしたらいい?

ダイエットをする際には、必要な栄養素が不足しないよう健康的に痩せなければいけません。

小型犬はもともと食べる量が少ないので、ダイエットのために量を減らすと満腹感が薄くなるかもしれません。量を減らすことよりもカロリーを減らすことを考え、100g当たりのカロリーが低いフードを選びましょう。

おやつを食べている場合は、おやつをなくすか減らすかしてみましょう。それだけで、理想体重まで減量できることもあります。

避妊手術・去勢手術の後は体重が増加しやすいですが、この時期に太ってしまうとなかなか痩せることができませんので、避妊・去勢手術の後の体重増加には十分お気をつけください。

高齢犬、関節に問題がある場合はカロリー制限を行い、軽い運動を長めに行いましょう。7歳まではしっかり運動を行い、新陳代謝を上げましょう。

【子犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

1回に多くの量を食べさせてしまうと、まだ小さな胃に負担がかかります。

フードのパッケージに記載されている1日分の給与目安量を、1日3~5回に分けて与えましょう。

給与量は子犬期の体重ではなく、成犬期の予想体重をもとに決められているメーカーがほとんどです。

1日の給与量の目安

月齢 成犬期2.5㎏ 成犬期5.0㎏
2カ月 50g 80g
3カ月 60g 95g
4カ月 60g 100g
5~6カ月 60g 100g
7~9カ月 60g 100g
9~12カ月 55g 95g

※100gあたり375kcalのドッグフードの場合

成長に合わせて給与量を増やしていきます。成犬期が近づく9カ月を過ぎたら給与量を減らし、太りすぎないように注意しましょう。

【成犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

1歳を過ぎたら成犬期に入ります。たくさん食べられるようになりますが、1日分を1回でまとめて与えることはやめましょう。

1日2~3回に分けて、栄養素をしっかりと補給できるようにしてあげます。

1日の給与量の目安

成犬体重 小型犬~中型犬の給与量
2.0kg 45g
3.0kg 50g
4.0kg 80g

※100gあたり382kcalのドッグフードの場合

【老犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

7歳を過ぎたら老犬期に入ります。

成犬期に比べると動かなくなり、基礎代謝も低下するため、成犬期よりも低カロリーで良質なタンパク質が配合されているフードに切り替えを検討しましょう。

また、1回で食べられる量が少なくなるため、1日の食事回数を3~4回にしましょう。

1日の給与量の目安

成犬体重 小型犬~中型犬の給与量
2.0kg 50g
3.0kg 65g
4.0kg 80g

※100gあたり321kcalのドッグフードの場合

アレルギーのある場合には

アレルギー症状はダニや花粉などが原因になることもありますが、ドッグフードが原因になっていることもあります。

小麦やトウモロコシなどの穀物は胃腸に負担をかけ、アレルギーを引き起こす原因にもなりやすいです。また、添加物もアレルギーの原因です。

添加物を使用していない、穀物不使用のドッグフードがおすすめです。

アレルギーの原因は病院で調べてもらうことができます。アレルギー対応のフードもあるため相談してみましょう。

免疫力が低下するとアレルギー症状が出やすくなります。

免疫力のアップには、オメガ脂肪酸が含まれるフードがおすすめです。オメガ脂肪酸は、皮膚や被毛の健康にも期待ができます。

涙やけの場合には?

ドッグフードの原材料に涙やけを引き起こす原因となっているものが含まれていることもあります。

合わないタンパク質が配合されていたり、穀物や添加物が配合されていないかも確認してみましょう。

消化をしにくい原材料は、鼻涙管を詰まらせて涙やけを引き起こしやすくなります。

添加物や穀物が不使用のフードを検討してみましょう。

マルチーズにおすすめするドッグフード10種類を徹底比較

わんわんイズム編集部では、口コミ・評判の良いマルチーズのドッグフード10種類を徹底比較してみました。

比較した項目は、「タンパク質源」、「オメガ脂肪酸配合」、「グレインフリー」の3つ。

ドッグフード タンパク質源 オメガ脂肪酸配合 グレインフリー
ロイヤルカナン

サイズ ヘルス ニュートリションミニ アダルト 
肉類(鶏、七面鳥) ×
ボッシュ

ミニアダルト チキン&キビ
フレッシュチキン 25% ×
ペディグリー

ビーフ&緑黄色野菜
× 肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフ等) × ×
アイムス

成犬用 健康維持用 チキン小粒
肉類(チキンミール、家禽ミール) ×
愛犬元気

ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り
× 肉類(チキンミール、チキンエキス、ささみパウダー、ビーフパウダー等) × ×
モグワン チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%
ネルソンズ 乾燥チキン28%、チキン生肉20%
アカナ

アダルト スモールブリード
新鮮鶏肉12%、
鶏肉ミール12%、
七面鳥肉ミール12%
カークランド ラム・ラムミール
ファインペッツ極 アヒル肉

今回比較したフードの中には、アレルギーの危険性のある穀物を主原材料として使用しているフードが含まれています。

編集部としては、特に第一原材料が穀物であるものや人工の添加物を使用しているようなフードは避けていただいた方が良いと考えています。

ヒューマングレードの原材料使用のもので良質な動物性タンパク質を豊富に含み、皮膚・被毛の健康維持成分が含まれているフードがオススメです。

編集部がおすすめするドッグフード

涙やけが気になるマルチーズの飼い主さんもいらっしゃると思いますので、まずは良質タンパク質を摂取できるもの。

アレルギー性皮膚炎やマラセチア性皮膚炎になりやすいのでオメガ脂肪酸がバランス良く配合されているドッグフードを評価しました。

モグワン



良質な肉類を使用し、アレルギー発症の可能性のある穀物は不使用です。

オメガ脂肪酸も配合されています。原材料は全てヒューマングレードのクオリティですので、マルチーズにも安心してご利用いただけると思います。

ネルソンズ



イギリスのトップオブリーダーが開発に関わったプレミアムドッグフード、ネルソンズ。

主原材料の肉類の選定から様々な食材の選定までこだわってつくられています。
もちろん、グレインフリーですし、オメガ脂肪酸も配合されています。

アカナ



農場で放し飼いにされた新鮮な鶏肉を主原材料として使っているアカナ。

良質なたんぱく質が取れますし、ニシンなどの魚類から複数種類の新鮮野菜が含まれていますので、オメガ脂肪酸はもちろん、ワンちゃんに必要な栄養素がバランスよく摂取できます。

ドッグフード利用のきっかけや継続の理由は?

全国8,008人の飼い主さんへのドッグフード利用アンケート調査結果よりマルチーズの飼い主さんがドッグフード利用のきっかけや継続の理由をまとめてみました。

1位 価格の適正さ 25.9%

2位 犬の対象年齢が合っている 23.3%

3位 量販店・ペットショップの店頭で見て 23.3%

4位 たんぱく質やビタミンなどの栄養価が高くバランスが良い 21.7%

4位 発売メーカー・製造社が安心できる 21.7%

マルチーズの飼い主さんがドッグフードを選ぶ理由として挙げられた調査項目で最も多くの回答があったのが「価格の適正さ」でした。

次いで、「対象年齢」「量販店やペットショップの店頭で見て」となっています。
4位の「栄養価が高くバランスが良い」、「製造社が安心できる」といった項目のスコアも高いことから、品質についての意識も高いことがうかがえますね。

まとめ

マルチーズにどんなものを食べさせたらよいのかについてまとめました。涙やけ、皮膚炎、肥満が気になる飼い主さんには、「良質なタンパク質源」、「オメガ脂肪酸配合」、「グレインフリー(穀物不使用)」のドッグフードがおすすめです。

ドッグフード選びに迷ったときは、「良質なタンパク質源」、「オメガ脂肪酸配合」、「グレインフリー(穀物不使用)」のこちらがおすすめ!

マルチーズを飼っている多くの飼い主さんが、愛犬と一緒に楽しく過ごせますように!

-犬種別おすすめドッグフード