犬種別おすすめドッグフード

ラブラドールレトリバーのドッグフード(餌)選び・与え方を解説【獣医師監修】

更新日:

ラブラドールレトリバーの健康を考えたドッグフード選びに悩んでいませんか。

「どんなフードを食べさせたらいいの?」
「フードを食べなくなったらどうするの?」

など、疑問を感じてしまうこともありますよね。

ラブラドールレトリバーがなりやすい皮膚炎や関節疾患、肥満が気になる飼い主さんは、愛犬の健康維持をサポートしてくれるフードを選びましょう。

ラブラドールレトリバーにおすすめのドッグフードを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ラブラドールレトリバーにはどんなドッグフードを選んだらよいの?

ラブラドールレトリバーは「外耳炎・皮膚炎」「股関節形成不全」「肥満」に悩まされることがあります。

外耳炎や皮膚炎対策には、「皮膚のコンディションをあげる」ことをメインに考えたフード選びをしましょう。

「タンパク質を使用した良質の原材料」「オメガ脂肪酸含有」「添加物含有量が少ないもの」を選ぶことが、皮膚のコンディションをあげることにつながります。

股関節形成不全や肥満対策には「減量用のフード」「関節に配慮したフード」「グルコサミン・コンドロイチン配合フード」がおすすめです。

ラブラドールレトリバーは、

・良質なタンパク質源
・皮膚ケアのためオメガ脂肪酸配合
・関節ケアにグルコサミン・コンドロイチン配合

の3つをポイントにしたフードを選びましょう。

3つのポイントを満たしたフードはこちら!

良質なタンパク質源を選ぶ!

カロリー控えめの良質なタンパク質源は、ラブラドールレトリバーにとって大切な栄養素です。フードによっては消化しにくい穀物が多く含まれているものもあります。

消化が悪いと免疫力を低下させアレルギーを引き起こすこともあり、皮膚炎も心配されます。

また、ラブラドールレトリバーは股関節形成不全や肥満にも注意しなければならないためカロリーを控えることも大切です。

皮膚ケアのためオメガ脂肪酸配合

皮膚炎になりやすいラブラドールレトリバーには、皮膚や被毛の健康をサポートしてくれるオメガ脂肪酸を取り入れてみましょう。免疫力の低下によって皮膚炎が悪化することもあります。オメガ脂肪酸は、免疫力の維持もサポートしてくれる大切な栄養素です。

関節ケアにグルコサミン・コンドロイチン配合

グルコサミン・コンドロイチンは関節をサポートするといわれている成分です。

股関節形成不全に気をつけたいラブラドールレトリバーは太らないように体重管理をしながら、グルコサミン・コンドロイチン配合のフードも取り入れてみるとよいでしょう。

ラブラドールレトリバーのドッグフード選びの3つのポイント

・良質なタンパク質源
・皮膚ケアのためオメガ脂肪酸配合
・関節ケアにグルコサミン・コンドロイチン配合

3つのポイントを満たしたフードはこちら!

ズバット解決!ラブラドールレトリバーの知りたいこと

わんわんイズムが独自に、ラブラドールレトリバーを飼っている飼い主の方へのアンケートからドッグフードに関する悩みを解説していきます!

ラブラドールレトリバーが食べない時はどうしたらいいの?

原材料にこだわったドッグフードを選んでみましょう。新鮮なお肉が原材料のフードは良質なタンパク質源が含まれ、おいしさや香りも違います。人間が食べられるヒューマングレードの食材を使用したプレミアムフードもおすすめです。皮膚炎などが気になって食欲がなくなるワンちゃんもいます。皮膚ケアをサポートするオメガ脂肪酸配合のフードも検討してみましょう。

ラブラドールレトリバーが太っていて体重を減らすにはどうしたらいい?

ダイエットをする際には、必要な栄養素が不足しないように健康的に痩せなければいけません。小型犬と異なり骨格が大きいので、筋肉を衰えさせないように体重を減らすことが大切です。

また、過度の運動は関節に悪影響を与えますので、激しい運動を行うダイエットはおすすめできません。

高齢犬、関節に問題がある場合はカロリー制限を行い、軽い運動を長めに行いましょう。

子犬の時期は成長していくことが楽しみではありますが、急激な体重増加は望ましくありません。中には1カ月で5kg増えてしまう極端すぎる場合もありますが、このような状態は将来的に関節の痛みが激しくなってしまい手術を行うことになる可能性が高いです。

子犬の時期には大体でよいので自宅で体重を測り、急激に増えているようであれば軽く食事制限をしましょう。子犬期のダイエットにはライトなどの成犬用ダイエットフードを選ばず、子犬用のフードのままで量を減らしましょう。

【子犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

たくさん食べたがるようでも、消化器官が成長途中にある子犬期は一度に食べられる量が少ないです。

1日の給与量を3~5回に分けて、胃に負担をかけないようにしましょう。

また、ラブラドールレトリバーは子犬のうちから肥満に注意が必要です。

1日の給与量の目安

月齢 成犬期20.0㎏ 成犬期22.5㎏ 成犬期25.0㎏
2カ月 200g 215g 230g
3カ月 265g 290g 315g
4カ月 295g 320g 345g
5~6カ月 305g 335g 360g
7~9カ月 305g 335g 360g
9~12カ月 295g 325g 350g

※100gあたり377kcalのドッグフードの場合

9カ月を過ぎたら成犬期に近づきます。子犬期ほどエネルギーを消費しないため、フードの量を減らしましょう。

【成犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

1歳から成犬期です。一度にたくさん食べられるようになりますが、栄養素をしっかりと吸収できるように1日の給与量を2~3回に分けて与えましょう。

1日の給与量の目安

成犬体重 中型~大型犬の給与量
20.0~25.0kg 255~305g
25.0~30.0kg 305~350g
30.0~35.0kg 350~390g
35.0~40.0㎏ 390~430g

※100gあたり365kcalのドッグフードの場合

【老犬期】与えるドッグフードの量と回数の目安は?

7歳から老犬期になります。動きが遅くなり、運動量が減ってきます。

また、基礎代謝も低下して太りやすくなるため、良質なタンパク質を含む低カロリーな高齢犬用フードへの切り替えがおすすめです。

1回で食べられ量が少なくなるため、1日の給与量を3~4回に分けて与えましょう。

1日の給与量の目安

成犬体重 中型~大型犬の給与量
20.0~25.0kg 270~315g
25.0~30.0kg 315~365g
30.0~35.0kg 365~410g
35.0~40.0㎏ 410~450g

※100gあたり321kcalのドッグフードの場合

アレルギーのある場合には

ドッグフードの原材料を確認してみましょう。

小麦やトウモロコシなどの穀物が含まれているフードは、アレルギーを起こしやすいといえます。また、添加物によってアレルギーを引き起こすこともあります。

穀物不使用のグレインフリーと呼ばれるドッグフードがおすすめです。

無添加であることも大切です。また、皮膚の健康を保つオメガ脂肪酸が含まれているものがおすすめです。

何にアレルギーがあるのかは、病院で調べることができます。

涙やけの場合には?

目にゴミが入って涙やけになることもありますが、アレルギーと同じく穀物や添加物が原因になっていることもあります。

穀物や添加物の摂取により老廃物が蓄積されると、涙やけを引き起こしやすくなります。

ラブラドールレトリバーにおすすめするドッグフード10種類を徹底比較

わんわんイズム編集部では、口コミ・評判の良いラブラドールレトリバーのドッグフード10種類を徹底比較してみました。

比較した項目は、「タンパク質源」、「オメガ脂肪酸配合」、「グルコサミン・コンドロイチン配合」の3つ。

ドッグフード タンパク質源 オメガ脂肪酸配合 グルコサミン・コンドロイチン配合
ロイヤルカナン

サイズ ヘルス ニュートリションミディアム アダルト
肉類(鶏、七面鳥) ×
ボッシュ

ミニアダルト チキン&キビ
フレッシュチキン 25%
ペディグリー

ビーフ&緑黄色野菜
× 肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフ等) × ×
アイムス

成犬用 健康維持用 チキン小粒
肉類(チキンミール、家禽ミール) ×
愛犬元気

ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り
× 肉類(チキンミール、チキンエキス、ささみパウダー、ビーフパウダー等) × ×
カンガン 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
ネルソンズ 乾燥チキン28%、チキン生肉20%
ファインペッツ極 アヒル肉 〇グルコサミンのみ)
カークランド

スーパプレミアムドッグフード ラム・ライス・ベジタブル 成犬用
ラム・ラムミール
アカナ

コッブチキン&グリーンズ
新鮮骨抜鶏肉11%、鶏肉ミール10%、七面鳥肉ミール10%

今回比較したフードの中には、第一原材料が動物性タンパク質ではないものや、あまり良質ではないと思われる肉を使用しているもの、合成保存料や合成酸化防止剤などの人工添加物を使用しているものが含まれていました。

そのようなフードはオススメできません。良質な動物性タンパク質源を多く含み、人工添加物不使用のフードで、さらに皮膚コンディションを維持し関節ケアに配慮した成分を配合しているものを選ぶと良いでしょう。

編集部がおすすめするドッグフード

ラブラドールレトリバーのお悩みで多い「外耳炎・皮膚炎」「股関節形成不全」「肥満」を考慮してドッグフードを選んでいます。

皮膚コンディション維持のために「皮膚の健康ケア成分が配合され、人工添加物が不使用」であること、「関節ケア成分が配合されている」こと、太りやすさに配慮し、「良質な動物性タンパク質源を豊富に含んだ、高タンパク低炭水化物」であることに注目しピックアップしました。

カナガン



カナガンは、骨抜きチキン生肉、乾燥チキンを51%使用した高タンパク低炭水化物フード。

食材はすべてヒューマングレードで炭水化物源は消化がよく、ゆっくりと吸収される(低GI食材)サツマイモを使用。関節ケア、皮膚の健康維持に配慮した成分も配合されているのでオススメです。

ネルソンズ



ネルソンズはチキンをベースにヒューマングレードの動物性タンパク質源を豊富に含んだフードです。

人工添加物や穀物の使用もないので、アレルギーリスクも低く、さらにオメガ脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチンが配合されているため、皮膚や関節のケアに配慮されています。

アカナ コッブチキン&グリーンズ



アカナ コッブチキン&グリーンズは、原材料中60%がヒューマングレード認定を受けた良質動物性タンパク質源で構成されています。

肥満の原因となる高GI炭水化物も不使用で引き締まった筋肉作りをサポートします。グルコサミン、コンドロイチンやオメガ脂肪酸が配合され、関節ケアや被毛・皮膚ケアにも配慮されていてオススメです。

ドッグフード利用のきっかけや継続の理由は?

全国8,008人の飼い主さんへのドッグフード利用アンケート調査結果よりラブラドールレトリバーの飼い主さんがドッグフード利用のきっかけや継続の理由をまとめてみました。

1位 犬の対象年齢が合っている 41.1%

2位 価格の適正さ 34.2%

3位 たんぱく質やビタミンなどの栄養価が高くバランスが良い 25.2%

4位 一粒当たりのサイズが合っている(愛犬の食べやすさ) 23.4%

5位 発売メーカー・製造社が安心できる 23.4%

8008人の飼い主さんの調査結果より、ラブラドールレトリバーの飼い主さんがドッグフードを選ぶ際にその理由として回された上位項目を集計してみました。その結果は、「対象年齢」「価格の適正さ」「栄養価バランスが良い」がTOP3となりました。

体格の良い大型犬であるラブラドールですから、「たんぱく質やビタミンなどの栄養価」への意識が高いことが特徴と言えそうです。

まとめ

ラブラドールレトリバーにどんなものを食べさせたらよいのかについてまとめました。外耳炎や皮膚炎、股関節形成不全、肥満が気になる飼い主さんには、「タンパク質源」、「オメガ脂肪酸配合」、「グルコサミン・コンドロイチン配合」のドッグフードがおすすめです。

ドッグフード選びに迷ったときは、「良質なタンパク質源」、「オメガ脂肪酸配合」、「グルコサミン・コンドロイチン配合」のこちらがおすすめ!

ラブラドールレトリバーを飼っている多くの飼い主さんが、愛犬と一緒に楽しく過ごせますように!

-犬種別おすすめドッグフード